ホーム>作業ブログ

作業ブログ

ベンツ エアサス交換

今回はベンツのリヤのエアサス交換です。

201762162656.JPG

右後ろのエアサス不良で車高が低くなっています。

201762162916.JPG

こちらが左側です。

比べるとわかりやすいですね。

そのまま修理依頼ですので早速作業に取りかかります。

201762163935.JPG

下から見るとこんな感じです。

20176217419.JPG

アームを外せば取れそうです。

201763113115.JPG

画像の印の位置のボルトを外します。

国産車と比べると特殊な形のボルトも使っていたのでそういった工具が無いと難しいようです。

20176217300.JPG

これでアームが外れました。

エアサスの上はツメでがちっとはまっているだけなので引っ張って外します。

201762173641.JPG

201762173710.JPG

外した物と、新品です。

代替品でしょうか、少し形が変わっています。

 

201762174235.JPG

201762175741.JPG

それでは組み付けていきます。

エアサスの上のツメ部分を交換してはめ込み、アームを取り付けます。

このときアームは完全に外した状態でないとナックル側を付けるのがかなり厳しいです。 

201762175839.JPG

ボルト、ナットを付けます。

締め付け確認をしてタイヤを付けた後は作動確認です。

20176218651.JPG

ポンプが作動しエアーが溜まると、正常になりました。

201763111648.JPG

作業完了です。

エアサスが故障すると車高がかなり下がってしまい、走行も厳しい状態になることもありますので

お乗りのお車がエアサス装備の方はお気を付けください。

また同じような症状でお困りの方は是非一度ハルミ自動車にご相談ください。

 

AUDI RS5

201751118512.JPG

audi A5オイル交換かと思いましたら…

2017511185238.JPG

なんとRS5でした。

2017511185325.JPG

早速リフトアップしてオイルパンをのぞきますと…

とーっても横に長い‼オイルパンが出現しました。(゚Д゚;)

201751119156.JPG

交換するオイルは当社定番のMobil1

2017511191648.JPG

せっかくリフトアップしたので各部を拝見しました。リヤデフはとてつもなく高額部品っぽいです‼

2017511192055.JPG

足廻りのアームやリンク類もAUDI得意のアルミ製です。

2017511192216.JPG

エンジンの音やふけ上がりもさすがAUDISPORTSです‼

201751119256.JPG

ゾクゾクしますね。

 

スズキ スイフト インダクションBOX取り付け

2017511105212.jpg

スイフトスポーツにエアークリーナーのお取り付けのご依頼をお受けいたしました。

ボンネットとフロントグリルはすでMonstarsports製に交換されてます。

金額等々ご相談して今回お取り付けさせていただいたのは、やはりMonstarsports製のインダクションBOX

201751111819.jpg

このインダクションBOXの取り付けですが、ただのエアークリーナーの交換とは違い、まずはフロントバンパー

の取り外しが必要になります。

201751111141.jpg

そして、バンパーの内側にある導風板を外し、エアーを取り入れるダクトを型紙にあわせて切り出して加工します。

2017511111835.jpg

こんな感じでしょうか。

2017511112017.jpg

続いて純正のエアクリーナーケースを外します。

2017511112346.jpg

純正部品の取り外しは意外と簡単です。

2017511112931.jpg

いよいよインダクションBOXをとり付けます。取り付けの前にカバーの裏側に耐熱シートを貼り付けました。

201751112113.jpg

貼り付け終了後、バルブカバーの上部にインダクションBOXのベースになる部分を取り付けます。

201751112610.jpg

ベース部分の取り付けが終わりました。

20175111281.jpg

スロットルボディの部分にホースを取り付け、BOX内にパワーフィルターを取り付けます。

とってもレーシーですね。

2017511121215.jpg

最後にカバー部分をクイックファスナーで固定して取り付け完了です。

2017511121421.jpg

それにしても、とても美しい綾織のカーボン柄です。これだけでエンジンルームの印象はガラッと変わります。

2017511121715.jpg

そして先日お取り付けさせていただいた、同じMonstarsports製のチタン製のリヤピースと共に

2017511122149.jpg

相まって奏でるサウンドはとても心地いいです。特に今回取り付けたインダクションBOXの吸気音は

ドライバーを刺激します。

2017511125233.jpg

次回はいよいよ18インチホイールのインストールですね(笑)

 

 

 

VWゴルフ シフトワイヤー交換

エンジンがかからない。ということでレッカーにて入庫されました。

スターターモーターがまったく回りません。リレーの音もしないのでバッテリーやスターターモーターではなさそうなので、

試しにシフトを動かしてみてもスターターモーターは動きません。ですが、メーター内のインジケータも動かないのが判明

ボンネットを開けてみると、シフトワイヤーが外れてギアーがSレンジから動いていないのでスターターが回っていません

201757101253.jpg

ワイヤーを外して、レバーを手で動かして、無事エンジンがかかったところで更なるトラブルが判明。

201757102323.jpg

バキュームホースがさけて、シューシューと音が聞こえます。

201757102717.jpg

ブレーキマスターにもつながっているホースなので外れてしまうととても危険です。

201757103216.jpg

あらゆるところがさけているので、すべての交換をご提案しました。

201757103451.jpg

こちらのホースと

201757103512.jpg

こちらの2本を交換しました。

201757103826.jpg

続いてシフトワイヤーの交換です。レバー側を分解して、

201757112520.jpg

すき間からワイヤーがきてるか覗きましたが、どうやら室内にはきていないようです。

20175711343.jpg

リフトアップしてみると、どうやらマフラーと遮熱板を外さないと交換はできないみたいです。

20175711409.jpg

遮熱板がかなり大きいのでフロントのメンバーも外します。

201757114219.jpg

外しました。

201757114312.jpg

やっとワイヤーに到達しました。

201757114343.jpg

と思ったら、まだ外れません(笑)

20175711484.jpg

カバーを外して中を見ましたが、ユニットを外さないと構造が見えないのでワイヤーが外せません。

201757115151.jpg

今度は車内からコンソールの取り外しを行います。これもなかなか大変です。

201757115242.jpg

何とかコンソールを外しました。

201757115340.jpg

やっとシフトレバーが、外れてくれました。

201757115540.jpg

ワイヤーの取り付け部分を発見!

2017571242.jpg

なかなかスゴイことになってます。

20175712512.jpg

ミッション側のクランプ部分が破損してます。

20175712444.jpg

シフトレバーはこんな構造になってました。

20175712651.jpg

ワイヤーの交換とシフトレバーの組み付けも終わり、車両側に取り付けます。

20175712855.jpg

せっかくマフラーも外したので、キレイにしてから取り付けます。

201757121138.jpg

遮熱板も同じようにキレイにします。

201757121310.jpg

そして、トランスミッションのシフトレバーに取り付けます。ちょうどバッテリーの下にあるので、

バッテリー液に触れて、もろくなって割れたのかもしれませんね

201757121442.jpg

車内も戻して無事に完了致しました。

201757121524.jpg

そろそろ年数が経ってきたゴルフⅤ

201757121551.jpg

色々とトラブルもあるかもしれませんが、車体はシッカリしてますしまだまだ十分に使えます。

201757121614.jpg

ぜひ末永くご利用下さい。

BMW E46 エンジンオイル漏れ修理

2017410164720.jpg

E46 330Cⅰエンジンオイル漏れの修理でご来店です。

2017410164747.jpg

リフトアップをしてみるとエアコンのコンプレッサーには漏れたエンジンオイルが付いています。

エンジンの上部から流れて来ているようです。

2017410164838.jpg

エンジンのカムカバーパッキンあたりにかなりの漏れがみられます。

201741019132.JPG

カムポジションセンサーは漏れていないようなので、

201741019344.JPG

バルブカバーの交換と、

201741019410.JPG

M50系のエンジンの定番オイルフィルターケースのガスケット交換をご案内しました。

20174101955.JPG

順調に進んでいたのですが・・・

201741019629.JPG

フィルターケースの後ろ側に大量のエンジンオイル漏れがみられました。

201741019653.JPG

ケースを外してのぞき込むとインテークマニホールドの下がべっとりです。

201741019730.JPG

犯人はこちらのオイルプレッシャーバルブです。

20174101995.JPG

ということで、お客様にご相談後、インテークマニホールドを外して交換しました。

2017410191019.JPG

この交換作業が一番大変でした

2017410191052.JPG

新品部品との比較です。

2017410191128.JPG

フィルターケースも取り付け前にキレイにしてから取り付けます。

2017410191253.JPG

徐々に戻ってきました。

2017410191745.JPG

作業完了です! やっぱりきれいなエンジンルームは気持ちがいいです。

自己満足ですが(笑)

2017410191821.JPG

せっかく2台揃ったので記念に並べました。

2017410191919.jpg

さすがに15年以上経過しているので、

2017410191959.jpg

古くはなってきていますが、バランスのいいプロポーションはさすがクーペです

2017410192019.jpg

エンジンや足廻りも非常に調子も良く

2017410192046.jpg

まだまだ乗って頂きたいです。

アウディRS7 ブレーキキャリパ塗装

ブレーキキャリパの色替えのご依頼です。

201728153818.JPG

純正でもかっこいい

ん、ロゴが入っている!どうしましょ?

20172815380.JPG

ダイナミックパッケージのカーボンディスクを装着されてます。

201728153739.JPG

とてもよく効きそうです。

201728153610.JPG

リヤのローターも同じくカーボン製

201728153541.JPG

このローターだけでも相当な金額です!

201728153434.JPG

今回は脱着せずに、塗装準備。

201728153355.JPG

きれいにクリーニング脱脂

丁寧にマスキング (脱着分解の作業も応相談です。)

201728153237.JPG

丁寧にマスキングを施すので半日がかりです。

201728153029.JPG

密着剤、下色、レッドでペイントです。(赤系は色の染まりがわるいのです。)

細かいところも丁寧に

201728152910.JPG

特注で作成したロゴを貼り付け

トップコートのクリアをペイント

201728152755.JPG

リアキャリパのロゴ部分は元をいかしてマスキング

201728152712.JPG

完成です。

お客様にも大変喜んでいただきました。

201728161943.JPG

21インチから覗く赤いキャリパーがとてもイケてます。

もちろん定番のレッド以外も可能なので、お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

 

 

Z33ロードスター

201711619101.jpg

お客様が地方の中古車販売店で、Z33のロードスターをご購入されたので、中古新規車検のご依頼を受けました。

2017116191413.jpg

車検と同時に、破れてしまっている幌部分の交換もご依頼いただきました。

2017116191547.jpg

幌式のオープンカーは、どうしても経年劣化で切れてしまいます。

2017116191727.jpg

室内も壊れています。さらにワイヤーの動きがおかしいみたいで幌が開閉しません。

2017116191826.jpg

ボディの方も無数の洗車ブラシ傷が入っていて艶がありません。

201711619207.jpg

塗装が黒なので、傷がどうしても目立ってしまいます。

2017116192145.jpg

お客様のご依頼は車検整備と幌の交換。ボディーコーテイングです。

2017116192651.jpg

車検整備の方は特に問題なく終了。

2017116192834.jpg

幌部分の交換は、この度、初めてお付き合いをさせて頂いた業者様に御依頼。

2017116193011.jpg

お客様からのオーダー頂いたカラーは在庫切れの為、近いレッドブラウンに変更。

2017116193613.jpg

この度、業者様と色々お話をさせて頂いて、とても勉強になりました。

2017116193857.jpg

幌の開閉作動の方も各部の調整で無事完了との事でした。

201711619432.jpg

最後にボディコーティング。

2017116194344.jpg

ボディに光沢が甦りました。

2017116194822.jpg

少し試運転させていただきましたが、

2017116194940.jpg

最高でした!

2017116194454.jpg

ロードスターはこのアングルが映えます。

2017116195038.jpg

お仕事が忙しくてあまり乗れないかもしれないとのお話でしたが、

2017116195156.jpg

乗った時は、とてもドライブが楽しめると思います。

この度は、どうもありがとうございました。

 

BMW E90 左リヤ板金塗装

201711114533.JPG

リアフェンダとリアバンパを駐車場のポールにぶつけてしまったBMW E90の修理作業を紹介します。

お客様は車両保険ご加入ですが

見積りさせていただき自費修理でご依頼いただきました。

2017111145340.JPG

リアフェンダーは鈑金修理でいけそうです。

201711114561.JPG

リアバンパは損傷変形がきついので修理はきびしそうです。

2017111145455.JPG

作業はリアフェンダ鈑金リアバンパ交換できまりました。

20172894517.JPG

鈑金作業するために隣接部品、付属品、内装トリム類など分解します。


20172894439.JPG

鈑金成型後のパテつけ乾燥です。

20172894615.JPG

パテを削って形を整えます。

2017289471.JPG

バンパとの取り付け部やアール部分を確認しながら作業を進めます。

20172894956.JPG

鈑金終了後塗装の工程に入ります。

パテの研磨部にサフェーサーを塗り

塗装する範囲を足付けします。

※車両がブルーなので青色のジャンパーを着ての作業です(笑)

20172894831.JPG

よーく乾かして、細かい隙間はエアブローして水気を取ります

201728145235.JPG

塗装ブースに移動してマスキング完了です。

いよいよ塗装です。

20172895229.JPG

塗りあがりました。つやつやです。

20172895328.JPG

※おまけのフロントバンパ下のガリキズ塗装修理

20172895422.JPG

交換バンパの塗装も (外車の新品バンパは塗装されていないものが多いです。)  

20172895522.JPG

塗装の後は交換部品、分解した部品を取り付けし完成です。

今回はボデーコートの施工依頼も追加でいただきました。

20172895844.JPG

完成!

およそ25万円位の費用で、1週間位の作業日数でした。

 

GRS180系クラウン ヘッドライトレンズ交換

20161227191123.jpg

180系のクラウンにお乗りのお客様の悩みが、ヘッドライトレンズのくすみ。

2016122719138.jpg

新車からそのままお使いですと、ほぼこの様に曇ります。しかしユニットの交換はかなりの高額になります。

しかし、このクラウンはレンズの単品供給がされています。

20161227192240.jpg

交換の際にはユニットの脱着が必要です。まずはフロントバンパーを外します。

20161230183338.jpg

バンパーが外れれば、ユニットは簡単に外れます。

20161230183433.jpg

さて、ここからは未体験の領域です。

20161230183457.jpg

雑誌などを見ると、段ボール箱に入れてドライヤーを突っ込み、ひたすら温める様な写真を見たことがあります。

20161230184334.jpg

が、ここは慎重にドライヤーで温めます。

20161230184629.jpg

1箇所を集中的に温めると、プラスチック部分が溶けたりしてしまうので、慎重に行います。

20161230185039.jpg

十分に温めたら、ツメを折らないようにレンズを外していきます。が、あくまで無理はしません。

20161230185326.jpg

無事に外れました。

20161230185415.jpg

こちらが、ユニット側です。

20161230185519.jpg

そして、これがユニットとレンズの間に入るパッキンです。

20161230185915.jpg

古いパッキンをはがした後、新しいパッキンをはめていきます。

2016123019220.jpg

そして、新しいレンズを取り付けます。

2016123019347.jpg

新品のレンズって、こんなにキレイだったんですね‼

2016123019455.jpg

左右とも交換終わりました。

2016123019732.jpg

レンズがキレイになると見栄えが良くなるのはもちろんですが、

2016123019617.jpg

ヘッドライトも明るくなりますので、夜間走行も快適になりますので、お悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

 

ST203 セリカ オイル漏れ修理

2016121319568.jpg

ちょっと古いトヨタのS型エンジン、車検でお預かりいたしましたが、かなりのオイル漏れです。

2016121320315.jpg

エンジンの後ろ側がかなりの重症みたいです

201612132057.jpg

一度エンジンルームを高圧洗浄後にエンジンをかけると、ご覧の様にかなりの漏れが見られます。

20161215193339.jpg

エンジンのシリンダーヘッド側の不具合に間違えは無いので、まずはタイミングベルトを取り外します。

20161215193535.jpg

ベルトのカバーの中もかなりひどい状況です。

20161215193640.jpg

カムシャフトのオイルシールは完全に漏れていますが、

20161215193921.jpg

バルブカバーガスケットも、やはり漏れています。

20161215194438.jpg

あと、ディストリビューターも漏れてます。

20161215194543.jpg

定番のOリングです。

20161215194642.jpg

クランクシャフトのオイルシールと、オイルポンプのシールも交換して、徹底的に洗浄します。

20161215194958.JPG

もちろん、カムシールも交換します。

2016121519519.JPG

気になるウォーターポンプも交換致します。

2016121519522.JPG

さすがに年季が入っています。

20161215195424.JPG

全てのパーツをキレイにしたら、取り付けていきます。

20161215195619.jpg

ただの自己満足かもしれませんが、キレイだと嬉しいですよね。

20161215201422.JPG

組み付けていきます。

20161215201514.JPG

以上でエンジンオイル漏れ修理は完了ですが、

20161215202514.JPG

こちらのお車、フロントハブにガタつきがありましたので、ベアリングの交換も同時に行いました。

20161226183635.JPG

この辺りまでの分解は、割と容易いのですが・・・

20161226183837.JPG

ベアリングからハブプレートを外すのは、専用のSSTやプレス台などが必要になってきます。

20161226184058.JPG

今回は無事外れてくれました。

20161226184151.JPG

後はプレス台を使用してベアリングを圧入します。

2016122618439.JPG

こちらも無事完了。

2016122618444.JPG

トヨタのS型エンジンは、元々丈夫なエンジンなので、こまめにメンテナンスをすれば、まだまだ十分使えます。

20161226184642.JPG

今後も是非、末永く大事に乗ってあげて下さい。

 

 

 

 

 

ページ上部へ